2006年 08月 05日

悪夢・・・ 

一昨日(8/3)、また夜の駒沢公園ドッグランに行った。
行かなければこんな目には遭わなかったのだが・・・。 
今更悔やんでみても仕方がない。

やはり飲み込み易いボールを持ってランに来る人が後をたたない。 
その人はノビタに”スワレ”までさせて、その飲み込み易いボールを暗闇に向かって投げたのである。 アホのノビタは暗闇に向かってまっしぐら。 大喜びでそのボールを咥えてきたまでは良いのだが、なんとクチャクチャしながら飲み込んでしまったのである。
その人は自分のボールは飲み込めるような代物じゃない・・・の一点張りで、逆に食って掛かかられた。 直径6センチ強のイボイボの青いボールで空気が入っているが、クシャっと手で軽く握ると空気が抜けて小さくなり、簡単に飲み込むことができるのだ。 一旦、胃に入るとまた空気が入りボールがパンパンに膨れる。


診療時間をとっくに過ぎた夜の8時だったが、大慌てでかりつけの先生に電話をして、すぐ連れていった。 
レントゲンの結果、やはり胃の中にはいっている。 想像通り、胃の中でボールは空気が入って膨れている。 
麻酔をして内視鏡検査のあと、即刻、開腹手術となった。(やはり内視鏡・鉗子を使用しても取り出し不可能だったらしい)

一旦、家に帰って手術の結果を待った。 夜中の12時半を過ぎた頃、無事に麻酔から醒めた旨、先生から電話があった。 夜中までノビタのために手術して下さり、感謝の念でいっぱいだった。


結局、翌日(8/4)の午後7時にノビタを引き取りにいった。 
f0071053_14363148.jpg

なんだか、22時間前に手術したヤツとは思えないほど元気で安心した。
f0071053_14392675.jpg

病院から出た後、なが~い、なが~いオシッコを3分近くしていた。 

家で手術痕を見せてもらった。
f0071053_14423832.jpg

おばあちゃまに撫で撫でしてもらって・・・。
f0071053_1444120.jpg




***夜の駒沢公園であったドーベルマンの飼い主さんも、ワンがここで6回ぐらいボールを飲み込んで、病院で吐かせてもらったらしい。 
ドーベルマン氏は一生懸命その人に危ないボールについて説明をしていた。
公園側に「ボール使用禁止を訴える嘆願書を提出しなければ・・・・」と力説していた。 すごくいい人だった。 ありがとう。。。

by nobimamah | 2006-08-05 14:55 | ノビタ | Comments(2)
Commented by リンゴ at 2006-08-05 19:52 x
痛痛しい傷ですね、、、怖いです。
でもノビタ君、元気でよかったです。

ドッグランである意味すごく怖いですね、本当に。
スクールのキャンドゥのN氏も僕は自分の犬を怖くて
ドッグランには連れて行けない、、、とおっしゃてたような、、、

「その人」って見知らぬ他人なんですか??
確かに責任を負ってもらうのは難かしいかもしれませんが
(問題ありそな人ですし)、もっと注意してほしいですね。

とにかく早く良くなりますように、、、、
Commented by nobimamah at 2006-08-06 14:38
リンゴさん、
獣医さんにもいわれました。 あんまり人の多い所に行かないようにって。 おそろしいですよね。
「その人」は赤の他人です。 兎に角その事故が起きた時は、気が動転していて責任を負ってもらうというよりか、ノビタのことが心配で心配で仕方ありませんでした。 「その人」も危険なオモチャに対する認識がゼロの人でした。こういう人には何を言っても無駄な気がしました。
ご心配をおかけしました。


<< 手術から33時間後      あんまり進歩なし・・・ >>