2017年 03月 14日

3月1日の出来事 続き (通販型自動車保険の杜撰さ)

事故のあと、レッカーでホテルまで連れて行ってもらい、何とかバロンと無事チェックインをすます。
夕方に私の保険会社Cの担当者より連絡あり。 その時言われたこと、「相手の保険会社Sがどのようなことを言っているか、お互いにわかるようにしましょう」と。 ただ、私に否がないことを告げると、
直接相手の保険会社Sと交渉するように言われる。

この日、夜の10時半過ぎに妹夫婦がホテルまで迎えに来てくれました。 地獄に仏だぁ・・・。
雨も降り、夜も遅いので、彼らも部屋をとり一泊。
私は朝まで一睡もできませんでした。 さて、次の日からの仕事どうしよう・・・・。 車がないと仕事になりません。。。。 もぉ、そのことで頭がいっぱい・・・。

翌日(3/2)、車で妹夫婦・私・バロンで東京に戻りました。 帰りの車の中で、頭・首等が痛いと感じ始める。
帰京後、加害者側の保険会社Sに「病院に行くから」と告げると、「うちは払いませんからね」と言われる。(←ぶつけられて、こっちが怪我してるんだから、何言ってんのよ!!)

整形外科にて「診断書」を入手。 医師に「これ警察に出して頂戴ね」と言われる。 その旨を自分の保険会社Cに連絡すると、Cは、「警察のどの部署に届くかわからないし、それに、ちゃんと担当に届かないかもしれないから、大切に自分で保管しておくように。」 尚且つ、「人身事故扱いだと、あなたも栃木の警察に行き、実況見分等あるので、時間とお金が無駄でしょ。」と言われる。 Cは、今事故証明書を取り寄せ中というが、、、なんか怪しい・・・。

3/6、まだ具合が悪く、別のクリニックに行き、頭部のMRIを撮ってもらう。 病院の受付からの電話に対し、加害者側の保険会社Sが「自賠責は使わせない」という。 (←もう、意味不・・・)
已む無く、国民健康保険にて支払い。

一体全体どうなってるの~?? 交通事故にあっても安心して治療を受けられませんよね。。。



そうこうしているうちに、ホンダより連絡があり、アドバイスをもらいました。 保険会社Cも何もやらなさすぎだし、自分で警察に「診断書」送ったら?と。 
いい加減人間不信になり、誰のいうことを信じていいかわからなくなっていたところです。
いわれる通り、那須塩原警察署に自分で電話し、「診断書」を送付。
受理された3/7に「人身事故扱い」になる。 電話で聴取が行われ、相手が怪我をしていない限り現場に出向かないでよい。と言われる。
(一体、私の保険会社Cは何なんでしょうね。 嘘つきですね。。。 信用できません。。。)


3/8 MRIを撮ったクリニックで2回目の診察。 そこでも、まだ加害者側の保険会社Sが病院に「自賠責使用してください」の電話を入れていない。 また、国保にて支払い。
自宅に戻り(←病院でやるとみっともないから)、保険会社Sを怒鳴りつける。「今すぐ病院2つと薬局に電話しなさい!」
やっと、保険問題は解決し、今現在心配なく治療に励めるようになりました。


この後、まだ続く予定です。。。


f0071053_10363925.jpg


by nobimamah | 2017-03-14 10:36 | Comments(0)


<< 3月1日の出来事。続き(病院)      3月1日の出来事。 >>